FC2ブログ
中国出張 - 広州交易会2019年10月23日~26日
和歌山営業所の半分マレーシア人です。
2019年10月23日~26日までの4日間、広州市で行われた広州交易会を初めて訪問して来ました。 前後の移動日を含めて6日間の出張でした。 出張前から展示会訪問は体力的・精神的に大変である旨、所長から聞いており、それなりに心の準備をして行ったつもりでしたが、結果は・・・、体力の限界、心の限界・・・。 日頃から和歌山の山道を歩いているので、長距離を歩くのはなれているはずが、ところ変われば品変わり、全てが違い、はるかに厳しいものでした。 それでも、最後まで音を上げず、体調も壊さず、一緒に行動したお客様の足手まといにも、たぶん、ならなかったのではないかと、自己擁護しております。 


s_IMG_2020.jpg

広州交易会(正式名称:中国輸出入交易会)は、その歴史も古く、1957年にその一回目がすでに開催されています。
http://www.cantonfair.org.cn/japanese/detail_about.aspx?oid=391

毎年、春と秋の2回、それぞれカテゴリー別に、第一期、二期、三期と開催され、それぞれの会期には、約2万5千の展示者と約20万人の訪問者が訪れるそうです。 会場の展示面積は、118万㎡で東京ドーム25個分?で、4日間歩き通しても全てを廻る事は不可能と分かりました。

s_IMG_1982.jpg

繊維関係の展示会は以前にも何度か訪問した経験はありましたが、今回の第126回交易会第二期は、日用品や台所用品、ガーデニング関連などが主体で、気分的には超巨大なホームセンターを見て廻っているようでした。 一緒に廻らせて頂いたベテランお二人に食らいついてついていき、足を止める展示業者の製品がどのような引き付けるポイントがあるのか、何らかの斬新なアピール・ポイントがあったり、利益性が考えられるからでしょうが、価格やコンテナの積載したときのボリュームやニッチ性の兼ね合いなどもあり、色々勉強する事は多いです。

s_IMG_2018.jpg

会期中、午前と午後はほとんど会場内を歩き続けましたが、一日だけ夕方から自由時間を与えてもらい、広州市内の繁華街を見に行きました。 昼間歩き疲れたので、それほど歩きたくはなかったのですが、道に迷うし、駅を降り間違うしで、結局更に10kmほど歩いて、清の鎖国時代に唯一外国との貿易が許されていたエリアや北京路(繁華街-歩行者天国)を見て廻ってきました。 現在の経済発展も一日一夜にしてなったのではなく、明~清の時代に活躍した商人や、その前の唐宋時代の連綿たる歴史があるからだろうなどと考えながら歩き倒して、ホテルに到着したのは夜10時を回ってました。

s_IMG_1954[1]
<クランの通り>

s_IMG_E1974[1]
<宋元時代の道路の遺跡(ちょっと出来すぎ?感)>

s_IMG_1964[1]
<北京路界隈のお寺>

s_IMG_1901[1]
<珠江新路エリア>

食べ物の写真を多く掲載すると遊んできたのかと言われそうですが、煙台の長い取引先のネイティブ中国人の張様とも3日間一緒に行動できたので、朝と夜はディープな中国ごはんを堪能できました。 中国の文化にどっぷり浸った6日間でした。

s_IMG_1926[1]
<そばまんじゅう、湖南料理店>

IMG_1924[1]
<淡水魚、湖南料理>

IMG_1927[1]
<湖南料理>

IMG_E1925[1]
<湖南料理>

s_IMG_E1938[1]
<お粥、飲茶朝食>

IMG_1940[1]
<鶏脚、飲茶朝食>

IMG_1939[1]
<エビシュウマイ、飲茶朝食>

IMG_1887[1]
<母米粥、粥の鍋>

IMG_1890[1]
<母米粥、粥の鍋>

IMG_1877[1]
<デザート、かき氷>

IMG_1956[1]
<食堂>

IMG_2031[1]
<山東料理>

IMG_2036[1]
<山東料理>

IMG_2038[1]
<山東料理>

スポンサーサイト



Copyright © 株式会社サントネ公式ブログ. all rights reserved.