FC2ブログ
伊勢ぶらり旅♪
こんにちは
もうすぐゴールデンウィークですね☆GWの予定は決まりましたか??
最近伊勢に行って来ました☆
伊勢といえば伊勢神宮、おかげ横丁
鳥羽、スペイン村といった観光スポットとそして、効能抜群の温泉や、おいしい海の幸!
楽しみ所が豊富でどこにいくか悩んじゃいますね。

今回伊勢の一部をご紹介させていただきます。

伊勢神宮は、三重県伊勢市にあり、日本の国を守る総氏神さまといわれています。皇室の御祖先である天照大御神(あまてらすおおみかみ)をお祀りする皇大神宮(こうたいじんぐう、内宮)と、衣食住の神さまである豊受大御神(とようけおおみかみ)をお祀りする豊受大神宮(とようけだいじんぐう、外宮)を中心に、全部で125の宮社からなります。

今から2000年も前に、第11代垂仁天皇の時代に皇女倭姫命(やまとひめのみこと)が天照大御神の御霊代(みたましろ)である神鏡(みかがみ)をお祀りするのにふさわしい場所を求めて国々を巡られました。そして、伊勢国五十鈴川の川上をお定めになったことが皇大神宮(内宮)のはじまりです。

伊勢神宮には天皇、総理大臣が参拝に来ることが有名ですよね。
江戸時代には人々は一生に一度の伊勢参りと思いを馳せて、
ある人は何年も積み立てをして、ある人は代表として、ある人は仲間と連れたって
現代では考えられない遠い道のりを歩いて、時には危険を冒してまで、伊勢をめざしました。

現代ではパワースポットとして有名ですよね。
伊勢神宮に訪れると、木にもパワーがみなぎっていて
とても神聖ね空気で心を鎮めてくれるのが、からだ中で感じられます。

0000002[1]_convert_20110422101430

次におはらい横丁、おかげ横丁に行ってみましょう☆

P1010810_convert_20110422105734.jpg

 伊勢神宮・内宮前で栄えるおはらい町。宇治橋から五十鈴川に沿って続くおよそ800mの美しい石畳の通りには、お伊勢さん特有の切妻・入母屋・妻入り様式の町並みが軒を連ねます。通りにはたくさんの土産物店・飲食店や商家が建ち並び、参拝後の町歩きがお楽しみ頂けます。また、神宮道場や祭主職舎などの歴史的建造物などもあり、お伊勢さんらしいレトロな雰囲気がたっぷり詰まっています。
 さらに、おはらい町の通りから世古と呼ばれる趣のある細い路地を歩いて行けば、清き流れの五十鈴川へ到着。川沿いをのんびり散歩しながら楽しめる、風情あふれるおすすめスポットです。



P1010831_convert_20110422104101_20110422104416.jpg

昔のたばこ、キセルを展示しています。


P1010861_convert_20110422103915.jpg




P1010862_convert_20110422103943.jpg

有名なみんな大好き赤福です。
本店は中で食べることができて、お茶もでます。川が目の前にあり、眺めも良いです。
さて満腹食べて、お店を出ようと通路を曲がってみると、


P1010865_convert_20110422104035.jpg
赤福の裏側はにぎやかな表側と違い、
こんな静かな情緒ある家屋なんです。おいしい赤福と情緒ある景色と一石二鳥ですね。

P1010826_convert_20110422104151.jpg

豚捨という揚げ物屋さんで、いつも行列に並ばないと食べられないお店です。
回転が速いので、すぐ手に入ります。
毎回行く度に必ずこのコロッケを食べます。超おすすめです☆


P1010820_convert_20110422105346.jpg

五十鈴川前には、川辺にお店が並んでおり、川の前で食事やお茶ができるようになっております。
桜の季節にはもってこいですね。

P1010837_convert_20110422104230.jpg


その他お土産物も豊富で、かわいい和小物など職業柄
ついつい店内を撮影してしまいます(汗)

その他鳥羽の夫婦神社や水族館、真珠たくさんあり、まだまだ紹介したい所がたくさんありますが、
今日はこれぐらいにしておきます(笑)

近鉄で行くと、常にお得なきっぷが出ており、
今はご朱印きっぷといって、フリーバスチケットや観光地が一部入館無料であったり
ご紹介した赤福本店も1人前が無料になるチケットがついて、かなりお得です!

GW予定が決まってない方はぶらりと伊勢へ旅してみてください☆
スポンサーサイト
Copyright © 株式会社サントネ公式ブログ. all rights reserved.